子どもの隣り 雑誌 電子書籍 読み放題 サービス

BookLive「ブックライブ」の子どもの隣り無料立ち読み


「わたしはどうせ死ぬんだから」――四度目の心臓手術を拒否し、いつもそう言っては母親を泣かせている少女・千佳。その千佳が、隣の病室の患者との触れ合いの中で、次第に心を開いていく様子を描いた「燕の駅」。四歳の男の子・タアくんの日常と、その瞳に映る様々な大人たち、そしてタアくんが心の中に秘めている痛いほどの孤独と不安を描き出す表題作「子どもの隣り」など、全四編を収録。現代に生きる子どもたちの傷つきやすい心を繊細に描き出した、珠玉の作品集。
続きはコチラ



子どもの隣り無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


子どもの隣り詳細はコチラから



子どもの隣り


>>>子どもの隣りの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)子どもの隣りの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する子どもの隣りを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は子どもの隣りを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して子どもの隣りを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)子どもの隣りの購入価格は税込で「410円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)子どもの隣りを勧める理由

子どもの隣りって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
子どもの隣り普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
子どもの隣りBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に子どもの隣りを楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「子どもの隣り」のサイトにもよりますが、1巻全部を料金請求なしで試し読みできるというところも若干あります。まずは1巻だけ読んでみて、「楽しかったら、残りの巻をお金を支払って買ってください」という販売促進戦略です。
近年、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というプランが提供され注目を集めています。1冊いくらではなくて、月々いくらという料金収受方式なのです。
決済前に試し読みをしてマンガのあらすじを精査した上で、納得して購入できるのがWebBookLive「子どもの隣り」の長所です。支払いをする前に内容を確認できるので失敗することがほとんどないと言えます。
ストーリーが理解できないままに、表紙のイラストだけで漫画を買うのは冒険だと言えます。試し読み可能なBookLive「子どもの隣り」を利用すれば、ある程度内容を精査してから買うことができます。
販売部数の伸び悩みが嘆かれる中、電子書籍は斬新な仕組みを提案することにより、利用者数を増やしつつあります。斬新な読み放題という利用方法がそれを実現させたのです。





子どもの隣りの情報

                    
作品名 子どもの隣り
子どもの隣りジャンル 本・雑誌・コミック
子どもの隣り詳細 子どもの隣り(コチラクリック)
子どもの隣り価格(税込) 410円
獲得Tポイント 子どもの隣り(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ