隣の女 雑誌 電子書籍 読み放題 サービス

BookLive「ブックライブ」の隣の女無料立ち読み


「私にも、殺したいほど憎む人がいる」と隣に住む女は告白した ステンドグラス作家・羽田野祥子は、妹をもて遊び、自殺に追い込んだ男・森嶋吾郎を殺そうと刃物を手に待ち伏せをしていた。そんな彼女の前に、アイと名乗る謎の人物が現れた。「ぼくが、かわりに殺してあげましょうか」……一週間後、森嶋は自宅近くの公園で頭を割られ、死体となって発見された。次の日、祥子は隣に住む主婦・宮脇まゆみに、「わたしにも殺し屋を紹介してほしい」と頼まれる。殺意を抱く二人の女性心理を描く長篇サスペンス。●新津きよみ(にいつ・きよみ)1957年、長野県生まれ。青山学院大学卒。旅行会社、商社のOLを経て、88年に作家デビュー。『最後の晩餐』『意地悪な食卓』(角川ホラー文庫)、『手紙を読む女』(徳間文庫)、『記録魔』(祥伝社文庫)など著書多数。『正当防衛』『匿名容疑者』『生死不明』『トライアングル』はテレビドラマ化、『ふたたびの加奈子』は『桜、ふたたびの加奈子』として映画化された。
続きはコチラ



隣の女無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


隣の女詳細はコチラから



隣の女


>>>隣の女の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)隣の女の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する隣の女を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は隣の女を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して隣の女を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)隣の女の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)隣の女を勧める理由

隣の女って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
隣の女普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
隣の女BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に隣の女を楽しむのにいいのではないでしょうか。


頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトが便利です。購入するのも楽々ですし、新しくリリースされる漫画を買い求めたいということで、面倒な思いをしてショップで事前予約する行為も無用です。
BookLive「隣の女」は持ち運びに便利なスマホやタブレット型端末で読むことが可能なわけです。1話だけ試し読みが可能なので、それ次第で本当にそれを買うかどうかの結論を出すという方が少なくないと言われます。
電子書籍も小説や漫画と同様に情報自体が商品となるので、面白くなくても返品は受け付けられません。なので自分に合うかを確かめるためにも、無料漫画を閲覧するようにしましょう。
売り場では、棚の面積の関係で置くことができる本の数に制限がありますが、BookLive「隣の女」であれば先のような問題が起こらないため、アングラな漫画も数多く用意されているのです。
読んだ方がよいか悩む漫画があるような時は、BookLive「隣の女」のサイトで誰でも無料の試し読みをしてみることをおすすめしたいですね。読んでみてつまらないようであれば、決済しなければ良いだけです。





隣の女の情報

                    
作品名 隣の女
隣の女ジャンル 本・雑誌・コミック
隣の女詳細 隣の女(コチラクリック)
隣の女価格(税込) 486円
獲得Tポイント 隣の女(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ