司法記者 雑誌 電子書籍 読み放題 サービス

BookLive「ブックライブ」の司法記者無料立ち読み


地検特捜部が追うゼネコン汚職事件は中央政界にも波及していた。元国交相の収賄疑惑という大スクープの直後、掲載紙の美人記者が絞殺された。逮捕されたライバル紙記者は殺人容疑を全面否認、何かを隠し沈黙する。悲劇の裏に潜むのは、スクープを求める記者の意地と、「正義」と銘打たれた特捜部の横暴で杜撰な捜査だった。記者が守る「秘密」を唯一知る特捜検事は、己が所属する「日本最強の捜査機関」との対決を決意する。
続きはコチラ



司法記者無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


司法記者詳細はコチラから



司法記者


>>>司法記者の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)司法記者の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する司法記者を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は司法記者を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して司法記者を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)司法記者の購入価格は税込で「745円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)司法記者を勧める理由

司法記者って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
司法記者普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
司法記者BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に司法記者を楽しむのにいいのではないでしょうか。


頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトが重宝するはずです。買うのも楽ですし、最新刊を買いたいがために、その度毎にお店で事前予約を入れる必要もありません。
無料漫画をわざわざサービスすることで、訪問者を増やし収益増加へと結びつけるのが電子書籍サイトの目論みですが、一方利用者側からしても試し読みをしてから購入の判断を下せるのでメリットがあります。
連載期間が長い漫画は連載終了分まで買うことになるので、事前に無料漫画でちょっとだけ読むという人が少なくありません。やっぱりすぐに書籍を買うというのは難しいことのようです。
コミックブックと言えば、「中高生向けに作られたもの」という印象を持っているのではないでしょうか?ですが今日びのBookLive「司法記者」には、中年層の方が「10代の頃を思い出す」と口にされるような作品も多くあります。
話題のアニメ動画は若者だけが楽しむものではないのです。アニメが苦手な人が見ても十分楽しめるコンテンツで、深いメッセージ性を持った作品も稀ではないのです。





司法記者の情報

                    
作品名 司法記者
司法記者ジャンル 本・雑誌・コミック
司法記者詳細 司法記者(コチラクリック)
司法記者価格(税込) 745円
獲得Tポイント 司法記者(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ