野球と余談とベースボール 雑誌 電子書籍 読み放題 サービス

BookLive「ブックライブ」の野球と余談とベースボール無料立ち読み


日本一とワールドシリーズチャンピオンの両方を経験した男・田口壮。2012年に20年間と浪人1年の現役生活にピリオドを打った。2013年は新米プロ野球解説者・田口壮として、あらたなステージに挑戦する。本書は、その田口壮氏に現役時代ではなかなか語れなかったメジャーリーグと日本プロ野球の比較について書いてもらった。「文章も書ける野球選手」元メジャーリーガーの、思わず「フッ」と笑ってしまう日米野球比較おもしろ話。■CONTENTS【第1章】第3回WBC開幕。世界は野球であふれている。(7つの野球大国/魅力あふれるラテン勢 ほか)/【第2章】日本人選手のメジャー挑戦は人材流出なのか?(活発化するメジャー挑戦/ルーキーが直面するアメリカ野球のヒエラルキー ほか)/【第3章】日米比較。野球とベースボールとスターバックス。(メジャー特有の契約「オプション」とは?/分厚い言葉の壁を越えるには? ほか)/【第4章】セイバーメトリックスが苦手です。(ベテランと若手スカウトマンの攻防/似ているようで違う「数値化」と「データ化」 ほか)/【第5章】統一球問題は、外野のフェンスを下げて解消!(メジャー公式球とも違う日本の統一球/統一球問題を解決する、わたくしの提案 ほか)■著者田口壮(タグチソウ) 1969年生まれ、兵庫県西宮市出身。関西学院大学時代、通算123安打のリーグ記録を樹立。この記録は現在でも破られていない。1991年遊撃手としてドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。3年目には外野手に転向し、1995年、1996年のリーグ連覇(1996年は日本一)に貢献した。ゴールデングラブ賞5度、ベストナイン1度を獲得。2002年FA宣言し、メジャーリーグ、セントルイス・カージナルスに入団。6年間在籍したのち、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスでプレーした。2010年日本球界に復帰。2012年引退。※著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。
続きはコチラ



野球と余談とベースボール無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


野球と余談とベースボール詳細はコチラから



野球と余談とベースボール


>>>野球と余談とベースボールの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)野球と余談とベースボールの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する野球と余談とベースボールを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は野球と余談とベースボールを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して野球と余談とベースボールを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)野球と余談とベースボールの購入価格は税込で「616円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)野球と余談とベースボールを勧める理由

野球と余談とベースボールって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
野球と余談とベースボール普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
野球と余談とベースボールBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に野球と余談とベースボールを楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「野球と余談とベースボール」が中高年の方たちに支持されているのは、幼いときに反復して読んだ漫画を、新しい気持ちで手間もなく見ることができるからだと言えるでしょう。
気軽に無料漫画が読めるという理由で、利用者数が増えるのは至極当然のことです。本屋とは異なり、他人の目を意識することなく立ち読みすることが可能なのは、電子書籍ならではの特長だと言って間違いありません。
カバンの類を持ち歩く習慣のない男性陣にとって、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのはありがたいことなのです。ある意味ポケットに入れて本を携帯できるというわけなのです。
スマホを利用して電子書籍を購入しておけば、会社への通勤中や昼食後のフリータイムなど、場所に関係なく夢中になれます。立ち読みも簡単にできるので、ショップまで行くことなど必要ありません。
単行本は、書店で試し読みして購入するか購入しないかをはっきり決める人がほとんどだと聞いています。けれど、ここ最近はとりあえずBookLive「野球と余談とベースボール」で最初の巻だけ読んで、その本を購入するのか否かを決定するという方が増えつつあります。





野球と余談とベースボールの情報

                    
作品名 野球と余談とベースボール
野球と余談とベースボールジャンル 本・雑誌・コミック
野球と余談とベースボール詳細 野球と余談とベースボール(コチラクリック)
野球と余談とベースボール価格(税込) 616円
獲得Tポイント 野球と余談とベースボール(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ